爬虫類を飼うということ

Pocket

■爬虫類を飼うって?
 爬虫類をペットにする…
 なんだか、サスペンスドラマに出てくるような、ちょっとこわもてのおじさんが飼ってるか、近寄りがたいようなマニアックな人が飼っている。
 爬虫類って、そんな特殊な、ちょっと変わった人が飼っているもの。そんなイメージはありませんか?
 でも、女優の新垣結衣さんや、ファッションモデルの森泉さんが飼っている、と言ったらどうでしょう?
 ちょっとイメージが変わってきませんか?
 恐竜の延長線上で、男子の中には、爬虫類が好きな方もいる思います。でも、今爬虫類は、女性のペットとしても人気が上がっています。
 というより、そもそもペットとしての人気そのものがあがっているのです。
 では、なぜ爬虫類の人気は高まっているのでしょう?
 爬虫類が好き、抵抗がない、ということは大前提として、それ以外の理由の最も大きなものは、飼いやすさにあるでしょう。
 まず、餌については、犬や猫のように毎日用意しなくてもいい種類があります。
 そして、毛がないためにおいなどの心配がなく、鳴かない。
 ほとんどの種は、きちんとケージを用意してあげれば、散歩の必要もありません。
 こうして挙げていくと、忙しく、あまり家にいられない芸能人が好む理由が、なんとなくわかる気がしますね。
 さらに、意外に人になれます。
 爬虫類というと、血が通っていない、感情がないイメージですが、そんなことはなく、慣れると手に載ったり、巻きついたりしてくれます。
 また、意外と愛嬌があってかわいい。ヘビですと、瞳がつぶらでかわいいものもいますし、トカゲも、カラフルでかわいらしいものもいます。新垣結衣さんの飼っている、ヒョウモントカゲモドキなどはこの例ですね。
 さらに、そういった「かわいい」ものだけでなく、まさに「爬虫類」。小さな恐竜のようなものも飼えます。恐竜好きも大満足。
 爬虫類というと、あまりペットのイメージがないかもしれませんが、このようにメリットもたくさんあります。ですので、飼う人がどんどん増えているのです。