飼えないなら、会いに行こう!

Pocket

■街で出会う爬虫類
 今は、何でもかんでもカフェ。メイドだろうが、フクロウだろうがカフェ。ということで、他聞に漏れず爬虫類カフェもあります。
 大阪にある爬虫類カフェ「ROCK STAR」では、爬虫類と触れ合えるだけでなく、爬虫類の気持ちになろう、ということで、昆虫などが食べられるのが特徴。
 それだけ聞くと、「うぇぇ」と思いますが、実際にはしっかりと調理されています。まあ、とはいえ無理な人は無理でしょう。
 そこまでは… という方には、東京の「カフェリトルズー」がお勧め。こちらでは、その名前(ズー「動物園」)の通り、爬虫類以外のさまざまなペットに触れることもできます。
 また、爬虫類の中でも、カメが充実しているのも特徴。カメに触れあいたい方は、ぜひいらしてみるとよいのではないでしょうか。
 原宿にある、「東京スネークセンター」は、その名の通り、様々な種類のヘビに触れることができます。
 このようなカフェの良いところは、店内で、通常なら飼うことが難しい珍しい爬虫類に触れられるほか、情報交換ができたり、ショップを兼ねたりしているところです。
 犬や猫など、他の動物でも同じですが、飼おうと思っているけど、なかなか一歩を踏み出せない方は、一度実際に生きている、動いている姿を見るのがお勧め。
 そこ気が付くことは多いのです。
 実際に、それまではあまり興味が無かったり、むしろ怖いと思ったりしていた人たちが、こういった「爬虫類カフェ」に行くことで、イメージが変わって飼い始めた、ということもあります。
 百聞は一見にしかず。まずは気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか?
 動物園では、東日本では、「ジャパンスネークセンター」や、「熱海熱帯園」。西日本では、「天王寺動物園」、「愛媛県とべ動物園」などが充実しています。
 なかなか見られない、珍しい種類に出会えるほか、飼育のヒントになる情報も多いので、今度の休日に、訪れてみてはいかがですか?