爬虫類を飼う時の注意点

Pocket

■飼う際の注意点
 生き物ですので、当然飼う時には注意が必要です。いくら「飼いやすい」といっても、それはほかのペットと比較してのこと。そもそも、手間をかけたくないなら、ペットを飼うべきではないでしょう。
 その前提のもとに、爬虫類を飼う際の注意点をご紹介いたします。
 まず、温度と湿度。これは、それぞれの原産国の環境によりますが、一般に湿度はあまり高くないほうがよく、温度は一定に保つ必要があります。
 パネルヒーターなどでケージを温めておく必要があり、電気代は、環境や契約している電気会社によって変わりますが、5,000円程度を目安にするとよいでしょう。
 日光浴をさせることも大切なので、紫外線を出すライトを飼う必要もあります。
 エサについては、手に入れること自体は、すべてネットで買えるので問題ないのですが、虫や冷凍マウスを与えることに大きな心理的抵抗がある人もいるでしょう。
 ネットなどでも、爬虫類を飼いたいが、虫は苦手、という人からの相談が寄せられています。
 人工飼料や、植物性のエサ(野菜など)で飼える爬虫類もいますが、できれば虫なども扱えるようになれるといいでしょう。
 ちなみに、もともと虫が苦手だったけど、実際に飼い始めたら、虫に慣れた。という方もいるようです。母は強し… いや、オーナーは強しですね。
 この、エサやりは爬虫類を飼う際の醍醐味であり、また難しい点でもあります。最初はなかなかエサを受け付けてくれず苦労することもあるかもしれませんが、ネットやペットショップなどで情報を手に入れつつ、がんばってみてください。
 今は、YouTubeなどでもエサ槍の動画を見ることができますので、それも参考にしてもいいかもしれませんね。
 最後に、ご近所さんに迷惑をかけないようにしましょう。
 年間数件、テレビでも脱走したペットによるトラブルが報道されます。そこまでいかなくとも、ヘビやトカゲは、やっぱり飼っていない人からすれば怖いもの。いくら飼い主が「大丈夫ですよ」といっても、心理的には納得できません。
 それを前提に、しっかりと管理していく事が大切です。